「あなたが私をきれいだと褒,めないで、私はあなたを見逃す。」と言いました会話の間、赤衣少女はシャンクを握る繊維玉手を下ろした。「。でも、誠実に質問した以上、私はあなたを死なせた方がいい」
この密道は位置。が高く、三人の足元から二メートルほどの高さに隠れて,いて、下は垂直な滑らかな岩壁で、夜未明の姿で風に乗っているうちにも無理に飛び上がることができた。
    一人で5枚半の巻餅を食べて初めてお腹を満たしたようなもので、本当にお腹を満,たしたのは、最後の半分の餅。だけですか
    このような直進的な攻撃に対して、彼ができるのは力,で力を破って、強対強であることだけだ!。

    鳩摩智の質問を聞い,て、夜未明には「この剣譜は慕容博の死を祭るために来たのではない。かこれで十分だと思いますね」と言いました3月に非魚を見て、非魚は5金のためにボディーガードの外でしゃがんでいるのは実。力のあるプレイヤーで、上級者はそれが手に入るか,どうかわからないハエの利益を見ることができない。

    高級な軽功は、現段階のプレイヤーにとって,、絶対に万金が求められない良いもので、一時的に誰もが彼の目を見て羨望に満ちている。。
    それでも、いつもこれを気にしていて、唐三彩のシェー。ダは、数は多いが、個,々の殺傷力は少ないと言っている。
    駅舎は,彼らから1メートル離れた三月と小橋で、言葉を聞いて同時。に笑った。前者は「忘れないで、今日の任務は阿明の所得は私たちよりも多いですね。」と言いました
    「実際にあなたが証拠として収束する必要がある死体は多くないので、あなたが神捕司に加入して,か。ら、この5つだけです」

    一撃で手を打った後、夜の未明に空中にいたが、腰の力が激しく爆発し、寝返りを打って、頭の下の足の倒立姿勢になった。下を見て口をゆがめている通腕猿を見て、「臭,い猿、空から降。ってくる剣法を聞いたことがありますか」と笑った。
    「この男の血を戻す技能が,3分おきに使えるのか、それとも他の制限があるのか。分からない」

    夜未明、彼が心配している様子を見て、「安心して、任務の難点は大丈夫だが、グランド義の値はいいもので、,もっとためることができるのはいつもいい。グランド義。の価値を損なうことは、できる限りやらないことができる。」と言いました
    この苦労を経て、夜未明の血気の値もわずか1800頭を残しただけで、これはやはり襲撃者を刺した直後。に自動的に回復した結果,である。