刺され受動技能「検視法」がスタートし、。李老人の首にはっきりした指痕が三つあることを発見し,た。ロバは、よく見られる家畜の中で肉質が極めておいしい一種で、古くから「天上龍肉、地上ロバ肉」と言われている。龍肉は誰も食べたことがないが、想像の中,にしか存在しな。い生物と比べることができ、ロバ肉という食材が食客の心の中で重要な地位を証明するには十分である。

首を横に振って、夜未明には、,これを一時的にあきらめてはいけないという考えを決めて、いつ「易筋鍛骨章」を第10級の円満な状態に引き。上げてから遅くはない。これらの熟練度は、余滄海が修練した対応功法に加えて、例えば「松。風剣法」や「青字九打」など、50% の付加が得られる残念,なことに、夜未明には青城派武功を習ったことがない。

だか,ら、彼は天龍寺に到着する前に、用意した少林の絶技は決して三冊だけでは。ない。阿大は意志で無理に,自分の動きを維持することができるが、。そのドリル心のかゆみは彼をワーワーと苦しめて叫んだ。その時、唐三彩はまた散手で打ち出したまだ阿大運に頼って天剣に止められているが、玉峰針の毒の影響で、彼はどのようにコントロールしても、招式に破綻は避けられない。

建助令のよう,な価値のあるものは、七七七は絶対に食べられないので、夜未明にはチベット。星羽と連絡を取る考えはなく、直接ハト伝書の三月である。
「私も助けに来たあなたたちに、再び私。のために危険を冒すのは忍びない。やはり最も安全なタイミングを選んだ方が,いい」
  • 
    
    
    
    案の定、夜未明に大声で飲むと、林志佩はすぐに死んだ場所に。置くことができる白展基を捨て、赤い目が夜未明に向かって殺された,。
    体,魂 + 350、力 + 350、身法 + 350、反応 + 3。50