彼がこのように。触っているのを見て、夜未明に同情して唐三彩の肩口を撮った。この動きは、夜未明も以前の彼と同じように撮って,いるのではないかと心配している唐三彩を撮ってしまいました。その時、孤独な求敗を聞いて続けた。「あなたの子供は明敏で、私が残した遺刻を持って黄衣に見せてくれたことを知っているそし,て、あの男は私と彼の二人の武学の精華を結合した後、あなたに作った「惊天九剣」は、確かに所有者が世を覆う姿を持っている。。ただ・・・」

「張五侠、今行ってみたいと思って、遅すぎないと思いませんか。」と言いました大きな声,が耳に入るにつれて、張翠山と戦っていた七人の少林npcの達人が一斉に現れ、プレイヤーと両側に分かれて武当衆を包囲した。。
刀妹の心がどんなにイライラしているか気にしないで、夜未明に直接話題を移した。「実は、最初の建設命令,の後、2番目と3番目はお金を売るつもりはありませんこれをチップにして、人民大衆の力を動員して、その7種類の生薬の中のいくつかを集めてくれるつもりで、これも私が。あなたと協力したい主な原因である。」と言いました

前者。は再び息を吸って、胸が急,に膨らんで、口の中で大きなカエルの鳴き声がしたが、夜未明という剣を無理につなぐ準備ができた。
この1時間は、「プレイヤ,ーが1時間に3回連続して死亡し、復活点を自由に選択できる」という保護設定を効果的に回避。した。

228章はなんと痛い理解。でしょう (第二に、保証定期券を,求めます)
唐三彩は「システムはこの時、私に名前を変えたくないと思っていたようですね。みんなが話,してみましょう。私たちのこの任務は、続けていく必要がありますか」と言い。ました
    • 刀妹は驚いて、すぐに体を引き出そうとしたが、突然後。ろの悪風が悪いと感じて、,誰かがこの時に彼女の腕から襲撃した!
    • 彼がこれら,の言葉を言っている時、顔の表情の悲しみ、声の誠実さは、聞き手を悲しませ、見る者は涙を流し。た。
    
    
    
    
      しか,し、実際には、夜未明の最大の強みは、彼の血の量と防御ではなく、恐怖の攻。撃です!
      首を横に振って、夜未明、この既知の条,件が欠けているために不可解な問題で自分の脳細胞を。浪費していなかったが、表情を動かさずに低い声で非魚に命じた「余滄海の位置をリアルタイムで追跡する。」と言いました