眉をひそめて、チベット星羽は「夜兄とはどういう意。味だ」と不満を,持って尋ねた。流雲は、多くの人口からそれまで。の任務の経過を知っている。,

「あら…… 」仕方なくため息をついて、円真はこの件で嘘をつきたいと思ったが、夜,の未明には遠回しに聞かず、直接任務に関する情報を尋ねたが。、この問題ではnpcとして彼は絶対にでたらめを言うことはできない。
夜未明に穏やか,な様子を見て続けた。「私たちが聞いたのは、私たちの第三の問題で、先輩の胸襟の強さを考えて、この問題で私と何か気をつけてはいけない言わなけれを解放段誉有三つの条件、私たちは残りの問題をその一つに。聞くしかないでしょうか。」と言いました

二人目の姿が交錯し、手刀剣で重厚で、霊動残忍な、招き手が危険極まりない。傍観戦していた唐三彩は首を横に振って嘆いた。「夜兄が私たちに手を出さないのも不思議ではない。こんなにテンポの速い戦いの中で、私は自分のシェーダが出てくることを保証できない,夜の兄を与えるかどうかを。傷つけるのを。」と言いました
しかし、これらの行為に代償を払うなら、口癖を過ぎるためにこのような損失を受ける人は,まだ何人もいない。。

三大悪人を見る。のは明らかに良い状況ではなく、そこにいる五人の,中で最も憂鬱なのは、実は夜未明である。
岬宗がどのように,心法の核心は計算であり、敵を計算するだけでなく、周囲の天地環境を。計算し、自分が剣を出す時の攻撃角度、方位、一寸の筋肉、すべての場所の経脈、すべての骨格、すべての内力が出ているのは力を出す技術だ!

「虎が山に帰るのを避けるために、私たちは優勢な力を集中して余滄海を追撃し、だけを残して一人で三人を護衛して通天用心棒。局に入,って後続のことを処理した」
五大名人の内力が入り交じってできた気場は、七彩瑠璃珠の一撃の下で、ま,るで膨張した風船が針で刺されたかのようにその内部の不安定性は直接に五人の内力の強烈な反食を引き起こし、内力を競い合っている五大名人はそれぞれ本当に数歩下がって、しかも一人一人の体内血気があふ。れている。


  • うなずいて、刀妹は「鉄子は西。夏で最も精鋭な騎手で、どれも下品な実力を持っていて、その戦闘力の強さは必ずしもモン,ゴル騎手より劣っているとは限らない」と説明した。
    秦南琴を夕食に招待したいと思っていたが、相手に残酷,に断られ、夜未明には「あの村」の唯一の富。貴飯荘に一人しか来られなかったどんぶりの白いご飯と得意なおかずを二つ注文して一人で食べました。
  • アイデアは確かに素晴らしいですが。、彼が得た答えは「それは不可能で、私は言わないで、私のマスタ,ーでも知恵がない」ですだ,から、五掌打ちが終わった後、夜の未明に思い切って手を引いた。威勢の高い「驚き百里」が相手の心の上に轟音し、直接相手と距離を置。いた。

    この3つの飛,書は、それぞれ流。雲、勝天半子、殷に送られた。
    しかし、これは重要ではなく、その特殊効果「剣神の影」が進化したことがポイ。ン,トだ!