もともと、夜未明は任務が終わる前にそこに駆けつけて練習するつもりだったが、ポイントももっと稼ぐことができるのは少しで、ついでにその蛇の部屋に行って少し太った毒蛇をいくつかすくった後で料理しました。趙王府の。任務の前にできるだけ,以下の料理の熟練度を増やして、ついでに全蛇宴の製作プロセスを熟知して、前の波の料理を楽しむことができて、美滋滋でもある。
段正明が話すと、人君としての高さは少しもなく、自分の呼び名にも「私」ではなく「私」が使われて。いて、自分の江湖の身分を認めていることがわ,かるまだ国君の上にある。
周りの何人かの小,さな仲間も、彼の蛇の宴を気にしていて、自分には何の意見もないと聞いている。。
岳老。三は自分の「白顔子」と呼ばれ、夜は,それが賛美であることを明らかにしていないが、少しも怒っていない、ただ穏やかに側の三月に目を向けている。

さっきの一撃を経て、彼は「潜龍勿用。」とい,うやり方について、また新しい認識を持った。
片方の手が。瓶の底を支えていると、橋のかわいい顔,の上に自信のある笑顔が現れた。




  • 二人の神捕司プレイヤ。ーが友好的な交流を続けたとき、火の勢いはさらに拡大し、茅屋,の一角は炎に火をつけた。
  • これら,の内功習熟度は、いったい「吐納法」に。加えるべきなのか、それとも「易筋鍛骨章」に加えるべきなのか?

だから林家の子孫は秘籍の上の招式を覚えたが、余滄海に滅ぼされそうにな,っ。た本当の原因である。
夜未明に問い詰めないで、突然肘。で夜未明の腕,をつついた。「心の中で、韋小宝が私の気持ちを無視して、心の中であなたを褒めてくれるのを聞いたばかりであなたの心の中の本当の気持ちはどんなものですか。楽しかったですか」と言いました



夜未明の陰にからかわれても、この大輪明王は頑固に、,こ。の子はテーブルの上のものを作るしかない、絶対的な実力の前でどんな陰謀トリックも紙虎だ!
肩。をすくめ、夜未明には「段延慶らも向こうの三人の男にそそのかされたに違いないと思って、その時,、その場所に現れた私たちに対処する。でも・・・」