彼の提案を聞いた後、段正明、段正淳、刀白鳳は彼の言うことはまだ理にかなっていると感じ、その中で刀白鳳は鐘霊の生辰,八字を尋ねることさえ提案した。もしよ。ければ段正淳を万劫谷に縁談に行かせます。
意外にも斬首して聞いたが、胸をたたいて言った。「相手の破局を心配しているなら、私はあ。なたたちのために護衛します。逍遥、小筆、あなたたち二人はいつか私の指揮を聞いて,、大丈夫でしょうか」と言いました
    自分が鳩摩智から学んだばかりの能力が、この謝煙客もできるとは思わなかったし、相手が簡単に崖の頂上に捕らえられるとい,う点から見ると謝煙客のこのトリックでの造詣は、絶対に夜未明の自分よりどのくらい高いかわからないよう。だ!
    しかし、この男が殷の攻略に登場していないことを。考えてみてください。デザイナーがシナリオのため,に一時的に数えたキャラクターだけで、不思議ではありません。

    意外にも斬首して聞いたが、胸をたたいて言った。「相,手の破局を心配しているなら、私はあなたたちのために護衛します。逍遥、小筆、あなたたち二人はいつ。か私の指揮を聞いて、大丈夫でしょうか」と言いました
    結局,、彼女のような女性にとって、兄弟と。いう言葉は、梁山好漢のように、勝手に呼ぶことができる。

    • 夜,未明までにこの彪形の大男の前に現れた観。察によると、この矢は絶対に受け入れられるが、決して簡単には続けられない。
    • 「でも凌。夫人はその後数年、夫への罪悪感と劉宏への恐怖の中で生活してきた。この二重と精神的ストレスの下で不安は一日中体は普通の人よりやつれて、もともと容貌が,感動していた美人が、すぐに黄色い顔の女性になった。」と言いました
      • 夜未明、卑屈でない抱拳で。お返しすると同時に、「事件のだいたい、ここに来る途中、殷兄と検討した。細部はもちろんですが、これは私が都大錦と龍門エスコート局のボディーガードたちで見つけたシェーダで、張五侠さんに目を通して,ください。」と言いましたと言って、露店の手はまた蚊のひげ針と七星の釘が彼の掌に現れた。
      • ところ,で、自分の側で御剣飛行を始めたば。かりで、そちらでもう飛行乗馬を手に入れたのですか
      • 自分の武力での絶対的な優位性に頼って、曲霊風は軽蔑して「そ。う、私の名前は確かに曲霊風と呼ばれ、家で三行して、曲三と名乗ってはいけない」と,答えた。Ps: 四更奉上、その中の二つの章は2000字の章で、二,つ。の章は3000字の章で、合わせて全部で1万字ある。

        システムからのヒントから見る,と、転換を選択すると、も。ともと「吐納法」のすべての属性が成都にはなくなったが、「混元功」の等級を急速に上げることができる。
        なんてこっ。た!これには王法がありますか。これには法律があります,か

        「どこからそんなにでたらめが来たのですか早く始め。まし,ょう!」と言いました
        小橋妹はやはり自分で迎えに来たが、彼女は現れて助けてくれず、かえって暗い所に隠れて自分にチームを,作って招待するのはどんな操。作なのか?