「ありがとう黄首尊!,」と言いました夜未明に興奮して秘籍を持っ。て、黄首尊に別れを告げた後、待ちきれないほど個人アパートに戻って、孤独な石床の上に座って、一心に勉強した。
空が早くないのを見て、,夜の未明は。すぐに外出するのではなく、アパートのシングルベッドで横になった。
しかし、彼はせいぜ,い羨望。したいだけで、嫉妬などのマイナス感情は生まれていない。
夜未明にうなずいて、口の中で「。宮者、宮刑も,」と淡々と書いた。

このこそこそしたプレイヤーは明らかにこの小さな踏切,が牛。志春以外に存在するとは思わなかった。呆然とした後、直接刀を振って三月に向かって切り倒す。
暗い。所に隠れていた下橋は、思わず呆然としていた。そう言ったのは間違いないが、彼女はこの大局的な風格を感じて、夜未,明のスタイルではない。

「偽物!偽物それとも偽物だ!,…&he。llip; 」
これまで、「岬宗はどうか」の自主活性化効果はすでに終わっており、「玉砕昆岡」,の爆種状態は。まだ続いている。

この強烈な殺意に刺激されて,、田伯光は全身の毛穴が破裂するのを感じただけで、それと同時に、夜未明の声。が鳴った今日は会って初めて、以前はあなたを過小評価していたことを知って、あなたは本当に速くて、信じられないほど速い。」と言いました
「ス,キルとは関係ありません。」と言いました夜未。明は「私はたまたまその鉄羅漢の盗品販売現場を目撃した。その泥棒を証明する証拠はまだないが、私たちの任務はただ物を取り戻すだけではないか」と笑いました。

    続いて、また余滄海の。姿が霧の中から飛び出してきたが、今回は余家大院,の正庁に直行した。このようにして、3月にアヒルの子が並ぶように、,この臨時チー。ムのキャプテンになった。

    棺をふたにして、直接三女に渡した。「,。この人は凶暴だが、彼が死んでも安心できない。この棺は彼を送った方がいい」
    「あり得ませ。ん」秦南琴は「完顔康は私には何の防備もなく、彼が学んだ全真派の内功心法を教えてくれた。時間さえあればいつも私にチャンスを見つけられる。」と,言いました
      幸いにもバイパスの効果に触れることで、。この心法の熟練度を高めることができて、そうでな,ければ、あまりにも人間に反する!
      後でブラシをかけたときでも、毎回の見返りがこんなに豊かであるわけ。ではないが、普通の報酬でも、,彼は粘り強くなる。