刀妹はすぐに警戒を高めたと聞いたが。、落下物が,止められた「羅漢拳」の拳譜と40金を見た後、すぐにこの憎い臭い捕獲は自分をだましているだけだと判断した自分がいくつかのぼろぼろの前で悩んでいるのを見たいだけです。「例,えば、私の左手につけている手袋は、攻撃を氷属性傷害に変えること。ができるので、打った拳掌攻撃は本来の攻撃力を保つことができる」

彼らは余滄海に足を抱えて犬を舐め,に来て、それぞれのお祝いはこの数だ。けではない。誰もが手を止めて、チベット星羽、刀妹が三人のそばに来て、前者はその白衣。の少年を夜未明,に投げて、寝返りを打って馬を降りた。

  • このような状況では、自保はまだ容易で,はなく、相手を。振り切るのはもっと難しい!
  • しばらくすると、この独特な。味わいは再び変わって、最初からひた,すら無謀で、かつてない鋭意を増した。

「あなたたちは見ていないのですか。。私,は目を閉じていたばかりで、夏級八選ですか」その本は何の役にも立たないように見える「亀息功」は、唐三彩が500金。の低価格で獲得した。彼自身の言葉で「今名前,を変えたことは全く考えなくてもいい。「亀息功」で仮死して、毎回bossに埋葬されている不幸を逃れられるかどうか」と言った。

この鉄血美女の返事を見て、夜未明に突。然目の前が明るくなって、絵を描いたばかりの図面を相,手に送った。メッセージも添付されています
「彼女はどうして突然こんなに速く走ったのか、,間違い。ではないでしょうか。」と言いました

実は、3つ。の等級を上げても何もない。洪七公はそんなにケチな人ではない。彼の表現を見ても、彼に直接4つのレベルを上げて、彼の「潜龍勿用」を第5レベルに上げる,可能性がある。
短,期間で。5000点にしたいのですが、話は簡単ではありませんか