正常な論理に,よると、余滄海は必。ず「江湖事、江湖事」などの言い訳で、自分が江湖の大男としての自主性を表現する。
しばらくして、葬月は再び戻ってきた。競争相手は特殊な臨,時任務で、罰はないばかりでな。く、以前の任務も中断されないようだ。
流雲が先に言ったよ,うに、李莫愁という哀れで憎い女魔頭を白く洗って、功徳は無。限だ!
すぐに用意したパンフレットを取り出して夜未明に渡します。「クソ野郎、持って行きましょう。あなたの今回の任務に介在する表現はいいです。加えて、,この「惊天九剣。」を創造する基礎もあなたが提供した「独孤遺刻拓本」に由来しています今回は一度にあなたに三式の剣のトリックを伝授します。」と言いました


    あの人の小橋は宝剣を片手にしても問題はない、まして夜未明のような宝剣を片手にして、指,を。切ったのはなおさらだ三七十一の後、,それまでの630を加算すると、651になるからで。す。

    • すべての仕事の。た,めに非魚一人にやらせると言ったのか?
    • 彼らは実力が高いだけでなく、。6人が私たちを10人殺しただけでなく、私たちが殺された後、福州,城に生まれ変わった復活点ではない神捕司の刑務所に入れられた。

      た,だ、この魔化版の鳳天南は、攻防を攻撃するのも怖いのではないでし。ょうかましてや、懸賞金がなくて,も、誰も余滄海を殺すことを拒否したの。ではないか

      この言葉は様々な探偵の題材、ド,ラマ、アニメに広く応用されており、最初の出所はどこにあるのか、夜未明はか。えって覚えていない。
      三月に聞くと仕方なくうなずくしかないが、阿明と,一緒に任務を遂行しな。ければ、自分も自分に軽蔑されている馬鹿と同じではないかとひそかに思ったすべてを無視してその入門トークンを奪い合うのか?

      静かな音とともに、夜,の未明には、剣の上から大きな力が押し寄せてきて、すぐに剣の体を震わせて、後ろに3歩下がったと感じたこのように淡。々と書いて、真の前の指の上の恐怖の力を徹底的に取り除いた。
      夜未,明、自分の負担に詰め込むしかなく、最高装備店に戻って両替を売るつもりだっ。た。