再び自分の2番選手席に戻って、横のナイフが斬首されたが、「どうした、降龍十八掌のストレスが武。技を磨くのに役立つと感じたの,か続けたいですか?」と言いました夜の未明に目を閉。じて、せっかくの暇な時間を楽しんでいた時,、ずっと白鳩は突然窓を割って入ってきて、直接彼の肩口に落ちて消えてしまった。

言葉が終わると,、夜の未明はうるさいのではなく、すぐに精神に当たって数学の問題を。始めた。
その中で指輪は二つ装着でき、夜未明は一つの属性のより良い緑,の「雲台剣。戒」で元の装備を置き換えた。

曼陀山荘の家僕。の一人で,、手段が凶暴で、王夫人一人の号令に従うだけだ
「文句を言わないで、文句を言って何の問題も解決。できない。」と言いました夜未明に,指を伸ばして横に振って、気をつけて「まだ前の言葉で問題を提起し、問題を解決する」と言った。


    「この兄弟の口ぶりを聞いて、私の鉄羅漢に興味があるので。はないか」なじみのある声,が伝わってくるにつれて、華服の韋小宝は客間に入って、冗談半分に殷に尋ねた。前に比べてあまり傷つけられていない,数字が、腕猿の頭上から浮かんできたが、この数字が。表す意味は、以前とは全く違う。

    • 今、夜未明に手。に持っていた,8冊の心得秘籍は、それぞれ次の通りである
    • ところが、彼はとても白く、容貌を。通して中一股霊的、売れ行きだけを見るとほとんど批判的,ではありません。彼のような小さな生肉は、芸能界に発展すれば、演技がなくても、白い顔だけで億ドルを支払うことができる。
    1. 「解決策?」と言いました夜未明の目は庭の薪の山に落ち、「これははっきりしているのではない,か」。とにっこり笑った。
      このような状況を引き起こした原因は二つあるかもしれない。一つは彼らがそれを意識していないこと、もう,一つは彼らがすでに意識していることかもしれないが、この優勝定員には勢いがあるわけではないまた、青灯鬼火を争うことができないことを知って。いるうちに、優勝定員の争奪を断念した方が、いっそ彼のチームに混ざった方がいいこの任務で多くのポイントを獲得して報酬を交換するように努力する。

      この300点の毒抵抗があって、百毒が侵入しないとは言わな,いだろう。少なくとも大部。分の毒素攻撃を免疫できるかもしれない。
      もともと刀妹と人が競りをしていたが、夜の未明はやはりメロンを食べて,。芝居を見ていた。

      
      

      そして、三月に王語嫣の言葉を聞くと。、心がショックを受けた。王語,嫣が言ったすべての言葉は、彼女の次の変化であり、しかも、一言で例外はないからだ謝。煙客,は「臭い子、老婦人を辱めているのではないか」と激怒した。