このように、円真先生は6人を引っ張って1時間以上ビープ音を鳴らし、まだビープ音,を鳴らし続けているのは、夜未明に彼らに任。務を発表しないことだ。
    65級のbossは、やはり常態の完全体bossの死体で、提供できる心得の秘籍の質は決して言わない,。普通の考えでは、この死体は必ずトップの金糸楠木大棺で飾られて、利益を最大化することができ。る。

    左博彦から事前に作った玄氷碧火酒を2本取って、この酒神,に丁寧に別れ。を告げた後、肩を並べて酒神居を去った。
    期間中に,何度か内陸に戻って補給を購入し、一時的に使えない装備を蓄えた。青城派の行動が始まる前に、ついに彼に。等級が元の23級から27級86% の経験に上がったと言われた。

    1. このように彼を三五分入れたら、私,の「遊龍引鳳」はアップグレ。ードできるのではないか
      結局。、夜未明に余滄海を動かす最大の,依存は、決して真実ではない。

      「彼の人柄については私は評価しないが、その行動スタイルの面では、,彼が目に見えない。と言っても過言ではない」
      しかし、相手5人が同じ顔をしている様子を見ると、偽善をしているようではない。そうすれば。、この奇妙な現,象を説明できるのは2つだけだ。

      夜未明の目が彼らに向かっているのを見て、そのうちの一人はすぐにもう一人の襟を,引っ張って、後者はすぐに目覚めた。びっくりして官服の夜の未明を見た後、きちんとと外に。向かって歩いて行って、彼らのズボンの股に頭を入れたい様子を見た夜未明、果敢に彼らに状況を知ることを断念した。
      秘籍によると、初夜未明に一行が「魔除け剣譜」。を提出した後、神捕司はすぐに林平に返しなかった。それまで、黄首尊,も遊進も秘籍に記載されている剣技を見たことがある。

      三月は余滄海一剣に心を通され、誰もが救助に間に合わない状況で彼女の胸の腹の間に拍手し、その場で白い光になった神捕司の今,回の任務の中で最初の戦闘。減員になる!
      范遥のような激しい痛みと夜未明の傷害を強要している超冷酷な人を除いて、普通のboss,はこのよう。な大きな痛みに耐えられない。

    2. やはり通常モードのbossは、タスクモ,ード。の水産物とは全く異なる概念だ!
      これは神捕司大院の中央に位置する二階建てのビルで、中には武功秘籍などのものは何もなく、神捕司,が把握している様々な情報資料だけであるそして、いくつかの大。きな事件の急所となる巻宗。
      
      
      遊進の名前を聞いて、鹿鼎。公は世間知らずの表情がすぐに収,束し、すぐに手紙を受け取って開いて、よく見た後、風雷剣士と妄言に言いました: 「これからは仕事が関係しているかもしれませんが、二人に他のことがなければ…… 」
      そ,うでなければ、誰もが勝つことができても、決して勝つこ。とができない。