だから、。夜未明には中の肝心な点を推測できず、完全に道理にかなっているが、幸い彼は中の肝心な点を,事前に予知していないがしかし、偶然にも「降龍十八掌」を獲得する最後の条件を満たした。道を行くと、刀妹は,夜の未明に使われた軽功が、以前にハトの伝書が彼に見せた「万里一人」とは違うことを発見していた。今、夜の未明に彼女はまだジャンプしているのを見。て心の中では、以前の判断にますます落ち着いて、すぐに「臭い捕速、あなたが学んだことは何の軽功なのか」と口を開いた。

人の兄弟三人は頭を。地面にぶつけて、夜の未明にお年玉をあげなくてもいいし、人の大きな宝剣,を奪うことも、この事は多少本物ではない。
殷不損はすぐに彼が知っている情報を共有し始めた。「海大富は実力の強い老太監で、武功が高くて、骨綿掌を作るのが得意で名前から分かるよ。うに、体に当たった後、外見に傷はないが、人の骨を震わせることができる強い掌,法で、洞窟派の伝来者と言われている。」と言いました

夜未明にこの掌を出したとき、慌てている様子を見せたら、彼,女はかえって簡単に手を出すことはできないが、夜未明には落ち着いてい。るほど、彼が虚勢を張っていることを説明した
彼が手を出したのは、主に夜未明,という傲慢な態。度には慣れていない!

    夜未明,にうなずいて、黄首尊に「大丈夫です」と言い。ました
    刀妹もにっこり笑った。「この侯通海は,七人の敵bossの中で最も地位が低く、死んでも今後のシ。ナリオにはあまり影響がない。ここでは卵としてあなたのような観察分析と私のような実力抜群の優秀なプレイヤーをねぎらうのも道理にかなっている。」と言いました
        謝煙客に会って自,分の表情を決めたが、夜の未明は仕方のない露店で「今日ここに来たのは。、たまたま通りかかっただけだ間違えてもだめですか」と言いました
        安全問題といえば、旅館で客室を。借りるだけで,解決できる。

        幸い夜未明、彼女の活発になった脳細胞を困らせるつもりはなく、唐,三彩に向かってにっこり笑って、テーブルの下に置いた左手に付いて数えた。唐三彩は突然、まっすぐな骨髄の危機感が全身を覆っていると感じて、意識が一歩下がって、再び夜未明の目を見てショックを受けた。「あなたは&hellip。;…あの日杭州郊外にいた人は、なんと夜の兄弟だったのか!」と言いました
        このことから、この男は絶対に多くの武技が得意で、鉄の糊が彼の手に使われているのも、剛。柔と済で、ただ,の強烈な凶暴ではない。

        書友「私の意味は何ですか」が受賞した200スタ。ートコイ,ンに感謝します!
        30分後、酒を飲むと彼の最初のハト伝書が届いた。「おめでとう夜兄が先に「中沖剣」を手に入れ,た。もし私が間違っていなければあなたも「孤独行雲」と同じように鳩摩智に連れ去ら。れたのではないでしょうか」と言いました

        突然、耳障りな笛の音がして、声が高くて耳障りで、まるで汽車の,大きなスピーカーのようで、と。てもひどい。
        夜の未明,、今、二郎脚を立てて、非常。に快適な姿勢でそのリクライニングチェアの上に横たわって、彼女に手を振って合図している。