• この万劫谷の中で、唯一の助けが必要な人ロッシュドベレーヌ赤ワイン。は当然段ヴィーニュV.V.2014誉と,木婉清である。
    • 光が変わるにつれて、妄言の姿は再ヴォーヌロマネヴィエイユび五メートル離れ。た復活点の中央に戻った。彼が以前いた場所では、地上には血を戻す丹薬が2本残ってヴィーニュV.V.2014いた。,
    
    
      もっと必要だと言ったら、やはり一ヴィーニュV.V.2014定の労務費を支払わなければならない。結局、,同じ時間に、人が出て行ってアップグレードを責ロッシュドベレーヌ赤ワインめると、何人かのbossを倒すかもしれない。。
      彼は一ヴォーヌロマネヴィエイユ人だけではなく、,恐怖の威光。を見たことがロッシュドベレーヌ赤ワインあるからだ!
      • 「彼女はどうして突然こんなに速く走ったヴォーヌロマネヴィエイユ。のロッシュドベレーヌ赤ワインか、間違い,ではないでしょうか。」と言いました
      • この頼天剣戦闘力報告書に頼った阿大ヴォーヌロマネヴィエイユに直面して、軽。功はすでに彼と最後まで付き合うことができるかどうか,の最も主要な要素となっているが、味ヴィーニュV.V.2014方の5人の中で、数蔵星羽の身法が最も悪い。
      
      
        夜未明、言葉を聞いてにっこり笑ったが、当然のこと,ながら「もちろん!そヴィーニュV.V.2014んなに多くの工夫をロッシュドベレーヌ赤ワインした以上、ア。ップグレードするにはもちろん、最も珍しい装備をアップグレードしなければならない。」と言いました
        「ところで、あなたの方法は本当に大丈夫ですか。」と言いまし。た戻ってきた夜ロッシュドベレーヌ赤ワインの未明を見て、荏はまだ不安だった。さっき彼女は夜未明の計画に沿って、満門の外を一周して、何百番もの唐門プレイヤーを直接引き出して彼女を包囲した。幸い彼女は速く走っていたし、特ヴォーヌロマネヴィエイユ殊部隊になった時に環境を利用して追撃兵を振り払う方法を学んだので、相手にふさがれな,かった。そうでなければ、今はもう冷えているかもしれませんが…

        身法 + ,450ロッシュドベレーヌ赤ワイン(+ 80) 、反応。 + 550(+ヴォーヌロマネヴィエイユ 100)
        あるいは、自由ヴィーニュV.V.2014に嘆いている降龍掌を,気。にしないで、立ち上がった血の量で無理に立ち上がって、双剣ロッシュドベレーヌ赤ワインの壁の弱点を攻撃し続けた。

        
        

        夜未明の問い合わせを聞いて、三月の目が明るくなると、すぐに興奮して「今、装備店にはちょうど要求に合った金の装ロッシュドベレーヌ赤ワイン備が2本あり、しかも宝剣だ。その一つは魔除けの属性を持ヴォーヌロマネヴィエイユつ紫金剣で、もう一つは物理攻撃を火の属性攻撃に変える赤炎剣で、ちょうど小橋妹に双剣を使うことがで,きる私たちは。それを取りに行きましょう。」と言いました三万人。がロッシュドベレーヌ赤ワイン玄関の外を競売にかけたが、三月にこのペットのブレスレ,ットの属性を見てヴィーニュV.V.2014、全員がショックを受けたこのペットを持っているブレスレットをアップグレードするためですか?」と言いました