今度は彼は笑えなくなって、悔しい「ブブブブ」という声しか出な,かった。。
ほかに選択肢はなく、夜未明に「剣術の心得」を「越女剣法」に加えて、この流れに入らな,い剣法を一気に三つの等級に引き上げた属性がになりました。
    さらに重要なのは、夜の未明にかすかに感じることです。もし。彼が本当に遊進の力を借りずに、65級bossを,生け捕りにするという壮挙を完成できれば、彼が得たメリットは決して黄金装備ほど簡単ではない。
    鳩摩,智がそう言ったのを聞いて、夜の未明は完全。にわかった。
    独孤求敗の声。が出るにつれて、論道棋局の上に突然輝,く剣光が現れた。
    鳩摩智は、自分の内力に間違いがあったことを事前に察知しているので、この節目で,人と内力の勝負をすることはで。きない。

    非魚: 「夜の兄弟子、兄弟、私は大,きなトラブルに遭遇しました!あなたがいつその情報を受け入れられない。特別な場所から出てきたら、最初の時間に鳩に連絡してください。あなたが私を助けてくれる限り、あなたは神捕司の大兄弟子で、私は絶対にあなたと何も争っていません!」と言いました
    このように5,回繰。り返して、その夜未明に再び殷の手からbossを受け取った後、相手の喉に刺さって、直接穴を開けた。

    第36章「混元。功」と「獅子功」 (推薦を,求め、収蔵を求める)
    牛志春は状況,を見て大喜びし、急いで350。金を入れて、二人は無事に取引を終えた。

    続いて、彼は自分が,神捕司アパートの天井にいるのを見て、後ろのベッドの暖か。い柔らかい感触も感じた。
    張三豊は夜未明に秘籍を渡すと言って、武,当派の。最も有名な軽功「階段雲縦」である。

    「夜の息子は食べてはいけない。この酒は私の阿朱姉が一緒に3年間作った良い醸造で、夜の少年,の料理でも、短期間では手に入らないかもしれない」夜未明に酒を注ぎながら、阿碧は紹介していたが、最後に鳩摩智に「マス。ターどうぞ」と一杯注いだ。「江湖の規則によ,ると、一。人で一つを選ぶ。」と言いました

    これまでの,接触で、npcは幽霊のように見えるが、人はまだいいようで、相手に鑑定を手伝ってもらうと。いう考えが生まれた。
    言葉の意味は、阿朱、阿碧の前の患難の情でなければ、,彼はまた、異なる噂を広める背後の主な使。者を深く研究しようとしているのか?

    時間が差し迫っていなければ、夜は武功をよく磨いたり、青城派,側のことが解決するまで、「越女剣法」をレベルに上げてからこの荘に。侵入したい。
    うなずいて、夜未明,に「宋様に感謝します」と正色で言った。。