夜未明は「彼の様子を見ても応戦するつもりはない。そうでなければ、二人。で試合をして,、3000金の賭け場をする」と笑った。
「必ずしもそうではないと思います!」と言いました殷損はこの時はは首を横に振って言いました。「原著の中の記述による。と、彼らは把握した王府の中の状況を初めて手分けして行動し始め、その時間は絶対に,短く、システムは前のシナリオを無視してboss戦の一環に入ったのかもしれない」と言いました

古墳派は、比較的重要なシナリオの門,派として、十分に強い名人が座っていなければならない。そうでなければ、「神雕侠カップル」のシナリオが始まるのを待たずに、古墳派が先に成長し。たプレイヤーに滅ぼされたら、シナリオはどのように進展するのか?「すべてのプレイヤーが出会った相手。が同じかどうかもわからない」夜未明にあごを触った後、「私が先に来なければ、下で相手を観察して、あなたに役立つ,かもしれない」と言いました

夜未明、ため息をついて、仕方なく「それは酒瓶に二十年近く入っていて、川の湿った環境の中で、すで。に腐っている加行玄悲大師はこのような特殊な証拠物を保存するのが苦手で、それを私に渡した時、すでに破壊されていたが、私は外出しても証拠物を保存する道具,を持っていなかったただ、上のあいまいな内容をざっと見ただけで、物は完全に破壊された。」と言いました
蒸気が。彼の体に広,がるにつれて、夜の未明に突然爽やかさを感じた。

「もちろん」沈万三は清茶を一口飲んで、率直に言った。「これに,対して、夜少侠の任務欄には明確な記述があるべきで、老婦人は誠実さを重視する商人で、もちろん言葉を。食べることはできない」
この趙志敬が明らかに好意的でない小さな目つきを見て、夜未明はすぐに殺人をす,る考えを思い切って。あきらめた。

  • 彼はこのような利己的ではなく、専門的,な人で、大義凛然として、利他的で。善良な人なのか?
  • 一撃の後、夜未。明の姿は一つで、その赤,い服のプレイヤーはこの剣の反震の力で、体が漂って丈許距離を脱退したさっき彼の中性的な声で、冷ややかに「夜兄は剣法が上手で、内力がいい!」と言いました

「寝たきり!この男はなんとこんなに陰険なのか」と言いました牛志春,は一言聞いた後、すぐに夜の未明に怒って「あなたはとっくにわかっているので、なぜ注意しないの。ですか」と振り返った。「偶然ではありません。」と言いました「私たちの村の全員のも,ので、老若男女を問わず、名前は王富貴と呼ばれています」と笑いました。

しかし、他の人の。阿朱は任務の報,酬を確認した以上、夜の未明には交渉ができない。
夜未明の范遥に初めて触れたのは、もちろん刀妹ほど深い理解がなく、ましてや任務モードでの去勢版boss,として。、彼も何かを理解した。