彼らの説明を聞いて、夜未明の心はどうしても過小評価,。された。
その時の夜未明は。ゆっくりとグラスを持ち上げて、美美は一口の価格が10金一本の梨花酒を飲んで、その感覚は、まるで水を割った二鍋頭と何の違いもない辛いですね。お,茶、ジュース、梅スープなどの飲み物は飲みやすいです。
    夜未明には呆然としてい,たが、システムが提示した声もこ。の時に聞こえてきた。
    夜未明、まず盗品を入れた宝箱を韋小宝の前に出して、そ,れまで一時的に借用していた白玉飛天佩を外して宝箱の中に投げた。三月、小橋にはサンプルがあるそれぞれ彼女たちが厳選したネックレスを外し、名残惜しそうに。宝箱に戻した。
      今度は。、夜未明に意図的に力道をコントロールしたが、小正太は彼に突かれ、,額の上に一瞬にして梱包され、痛くてその場で涙を流した。
      本当に彼の名前が衰。えすぎた原因なのか、レベルを越えて挑戦するたびにbossに埋葬しなければならないのか?,

      幸い段,正明という大理国君はまだ来ていて、最初の時間に秘籍の開封任務を与えた。秘籍を封じる道がある以上、夜の未明にもそれらの有無をもつれたくない。任。務の等級で見ても、システムは今すぐ修練に使える興奮した龍秘籍を彼に渡しているわけではない。
      この無理な要求を聞いて、夜未明に思わず眉をひそめた。「私たちのプレイヤーの戦いでは、多くの場合、生死を分けて勝負を判定しなければならない。孫のしゅうとめが敵の命を傷つけてくれない以上、私はどの程度、この関係の試練を通過しなければならないのか、彼女たちを絶えず傷つけて、彼女たちが徐々に。回復するのを待っているのかこんなに無限に循環,していくのか?」と言いました

      • ましてや、夜の未明には自。腹を切って、一人当たり10金を補償して仕事をしたいと思っているのは、彼らから見れば全く利益のある商売だ。彼らには当然,決断の道理はない。
      • まず鳩摩智といえば、この和尚は「六脈神剣」を原著では。っきりと書いていることは、基本的にゲームの背景資料の一つとして直,接参照することができ、多くのことを言う必要はない。
      プレイヤーはこの。技能を発揮すると、特殊な,状態に入る。
      夜未明に聞いても仕方なく首を横に振った。「しかも、最,も重要なのは、その花鉄幹の武功も体系的ではな。いようだから、プレイヤーの中には今まで銃を使っていなかった名人が現れた」
      
      
      
      
      

      夜未明に。剣譜を手に入れ,た後、この時間にはいけない。ここに現れた鳩摩智と天竜寺群僧が相次いで来て、このような結論を出すのは容易ではない。李老人が宝を隠している場所は、石門が開いた状態では見えないが、この秘密を発見するには、まず石門を閉めなければならない。しかし、石室の中には色とりどりの毒蛇がいたるところにいて,。、後ろには広々とした明るい通路があり、この唯一の退路を閉鎖しようとするのも勇気が必要なことである。