これに対,して、蔵星羽はあっさりと頭を横に向けただけで。、クールに「剣はいらない」と言った。
人がそろったのを見,て、唐三彩はすぐに人々をレストランに呼んで、草莽英雄と呼ばれる個室に入ったが、テーブルの上にはすでに十菜一汁がいっぱい注文されているのを見たどれも店の料理人が一番得意な料理。です。
そのプレイヤ。ーは驚いて振り向いたが、七穴から血を流したクジラの群れを見て、気が狂ったように彼,に攻撃を始めた。
以前、彼は自分を犠牲にして阿朱を救う行為は感動的に見えて、非常に英雄的な豪傑がいて、格好。いい死に方をしていた,。
    • 「双剣合。壁」の状態に加えて、二人の内力はさらにある種の共振を形成して、彼らの各属性が超レベルで発揮されたこの顔を覆っている青城の掌門は少しも軽視することができず、両者が協力して、彼は何の対応法も見つからず、剣に戻って全,身を守るしかないと同時に、急いで後退した。
    • この緩衝を経て、夜未明は以前のショックから完全に落ち着い。て、「王妃の言う任務に時間制限があるのかどうか分からな,い」と続いた。
  1. 唐三彩は「でも、私たちが集まった。らbossと戦うと、bossと追撃者の両面に挟まれてしまう。その時まで、うまくいかなかったのは団滅の末路だっ,た。」と言いました
    穆念慈は中年の美女と一緒に穴を開けられて,そばに立っていて、二人の女性の目には焦る色がたく。さんある。
    • 拓印。に必要なすべてのものに加えて、彼はハンマーとノミを持っ,てきた。
      夜の未明の悠々としたことに比べて、土俵の下のナイフが斬首された今の気持ちは美しくない。特に夜の未明に二郎脚を組んで優勝専用の座席にいるのを見たときさらに,ひどい歯根がむずむず。しています。