あるいは、段正淳が現れた場所があれば、彼は立。派な武林敵を殺して、たちま,ち大型時代劇武侠家庭倫理劇に発展する能力がある。
多くの奇遇の中で、。洪七公はまた唯一の穆念慈と関係が,ある手がかりである。
システムマップを片付けると、夜未明に地面にいた二人の少女の死体を支えて、崖を考える岩壁の上に背を向,け、角度を調整した彼女たちの目が地上の田伯光に向いていることを確認。した後、やっと手を引いた。
阿碧は言葉を聞いて呆然としたが,、その後は「夜の息子君&hel。lip;… 」と感動した。

途中でトリックを変え、夜未明に手にした龍吟剣は斜めに突き刺。さり、剣鋒は直,接妄言剣法の隙間を通って、この犯人の喉を貫通した。
プレイヤーが死ぬと、システムの認定で,は死口になってしまうので、彼らの言葉は参考にしかならないが、多くの人を信用するには十分ではなく、証拠とし。て提供することはできない。

  • 「あなたと一緒に、とにかく。私はい,らない。」と言いましたこの掌から差し引いた反震傷害に伴い、夜未明に力道に落ちたこ。と,も相殺した。

    彼は眉をひそめ,ながら対策を考。えているだけで、口の中では「私の理解によると、『六脈神剣』は全部で六部あるそれぞれあなたに渡された6人の弟子がチベットに連れて行った。」と言いました
    この角度から見ると、彼らも孤独から負けを求める機会が増。えているのではないでし,ょうか
    いろいろな考えが頭の中を通り過ぎるが、夜の未明に最も自,分に有。利な対応をすることには少しも影響しない。
    この剣の属性を見て、非魚は思わず。夜の未明をにらみつ,けた

    そのうちの一人は機転が利くとすぐに入って。きて、しばらくすると、捕頭服を着た中年の男性が中か,ら出てきて、夜未明に「何人かわかりませんか」と尋ねた。
    肉まんを食べた後、牛志春は「私がゲームに入った時、牛大春と呼ばれていたが、後にいくつかの師門任務を完成し、長春真人丘処機門の下で拝んだ彼は私に名前を変えなければならない、全真三代の弟子の名前は統一しなければならないと言っ。て、私の名,前は牛大春から牛志春に変わった。」と言いました

      黄首尊は「誰かがさっき言ったことを覚えています。私以外に、も。っと適任者が考えられないのですか」と深い意味で,夜未明を見た。
      夜は姿を見ていないが、「ここには金霞,剣。があるよ」と注意した。