システムが宣言した力。の属性の,増幅を聞いて、小橋は急に元気になって、残りの焼肉を収めようとしていたが、残ってからゆっくり味わったが、突然手が軽くなったついでに少女がそばに現れたのを見た。夜未明の話を聞くと、その捕手は突然びっくりして、目が回転して、水をかく言い訳を,考。え始めた。

  • 秦南琴を夕食に招待したいと思っていたが、相手に残酷に断られ、夜未明には「あの村」の唯一の富貴飯荘に一人しか来られ,なかったどんぶりの白いご飯と得意なおかずを二つ注文して一人で食べました。。
  • 昨日の予選では、夜未明の,攻撃力がその予選のbossを秒殺す。ことができることが証明された
    「パチ!」と言いました夜未明、突然太ももをたたいて、バランスを失ってその場で転んで、。体を安定させた後、「青城派の任務のレイアウトの中で細部の問題は私が自分で行く必要があります。そうでなければ、自分で行きましょうか」と言いまし,た
    「私はその余計なことをしている男を殺して、誰がその余計な。ことをしている胡斐を殺して、私は彼,を殺して、心の恨みを解く… 」
      • 立場を変え、彼ら。は絶対,にできないと自問夜不明のようなさっぱりしています。
      • 梅超風は封印されていると感じたが、「九陰白骨爪」の洗礼で、自分の急所を守,るのは無。理だ。
      1. このテレビに特別な執念。を持,っている妹を刺激するために、彼女の声が落ちたばかりの時、あるシステム公告が突然二人の女性の耳元で鳴ったようだ
        赤い服の少女は驚いて、慌てて。いるうちに甘やかされた体をひねって、心の急所を避けた,が、青竹宝剣に腋の下に穴を開けられた。
          この時、夜未明,にはすでにその中の一味熊胆を見つけて、それを包んだ後に負担を入れて、「この棚のラベルの文字は正確ではないがしかし、薬材。を包んだ後、品物の紹介が見えます。」と言いました
          勝天半子は言葉を聞いても賛同してうな。ずいた。「夜兄の言うことは極めて、事,実もこの道理だ。ただ、流雲兄弟の次の任務は、そんなに楽ではないかもしれない… 」

          「でも私たちはもう準備ができています。」と言いました夜未明にチー。ムチャンネルで指揮者を叩いて、三月には「さらに重要なのは、敵も準備ができていない、今出発することだ主導権を最大限に自分の,手に握ることができる。」と言いました
          297章,ですね 武当、君は。六当より一当少ない! (第二に、購読を求めます)