彼女の食べ方は、実は決して見苦しいとは言えない。食事中にも腰がまっすぐになって、手,の動きは無意識のうちに非常に高い素養を示しているが、あいにく食べるスピードが非常に速い彼女が言ったように、夜の未明よりも早く3点に。なる。
岬宗がいかに強い脅威を感。じ、赤い服の少女は顔色が急に悪く,なった。

蔵星羽の言うこ。とは虚ではなく、正常な論理的分析によると、彼らはこの任務のために多くの努力を,払った以上、実力の下品な追撃兵さえ撲滅した。
「8割」夜未明に肩をすくめた。「でも、これは簡。単に証明できます。裏山の鉱山に行って探してみて,ください。しかし、行く前に、我々は戦闘の準備をしなければならない。」と言いました

結局、今回の任務で、彼女は自分が得た。メリットは夜の未明より,少し劣っていないと思っている。工夫ができる人は、法師を選んでも聖騎。士を,吊るすことができるかもしれない。

結局、江南七怪に敵対して、今まで生きてきた。江洋海賊で、李枯楼は馬鹿ではなく、最初のショックを経て,、すぐにおかしいところを発見した。
「私はあなたを剣譜と思って、慕容博老さんに焼くことが,できます。」と。言いました
この白衣道士の手には、この「指の柔らかい剣」は半分の殺意はないが、水銀のように穴が開いていない夜,未明に「全真剣法」と「越女剣法」の中の十数人の強烈な殺意が次々と切り替わっ。たが、縁は半分の安さを占めていない!
夜未,明、話す男を振り向いて、淡々と口を開いて「あなたは青城派の弟子です。か」と尋ねた。

一方、夜未明に,体を真南に向けて、相手に大きな偉岸の横身を残した。「実は、彼は金人六王子の完顔洪烈な実子ではない彼の実父の名前は楊鉄心と呼ばれ。、康金名将楊再興将軍の子孫で、このように計算すると、その完顔康も忠良の後といえる。」と言いました両手が合っていると言って、誠実に続けた。「天道規則の束縛がなければ、小僧は自分。の手にある「小無相功」の秘籍を一緒に,出したい夜少侠と一緒に悟り、この武林絶学の秘密を共有!」と言いました

「私たちの側は中毒になっています。牛。兄弟は,一緒にいませんか。」と言いましたしかし、夜未明の今の心には、熟練度を稼ぐこ。とができるからといってうれしい気持ちはなく、かえってひどくしつこく感じている。私は降龍十八掌、関小橋妹は何を,学んだのか、何で彼女をいじめたのか?