夜の未明に突然悟り。のような顔をしているのを見て、牛志春は全員びっく,りした。親友として、。3月は,小橋に利益を勝ち取ることを忘れない。

秘籍を片付けながら、唐三彩は笑いながら「私はシェーダを専攻していて、ドアの近戦の武技を探して欠点を補おうとしていたが、市場で見られる初級武功は私には見えなかった今日この「松風剣法」の秘籍を手に入れることができたのも、皆さんのおかげです。では、これと。セット,になった松風剣は、私は70金の価格で購入したいと思っていますが、皆さんも異議はないでしょうか」と言いました
夜。未,明には「あなたはそれさえ知っていますか?」と言いました

流雲のような理解者がそう言うなら、何人かのチームメイトに損をさせないだろうと思って、夜の未明に,すぐに周りの人たちに目を向けた。チームの仲間は悔しいがしかし、意識的に止まった。。
二人のチームメイトが嫉妬など。複雑な感情を含んだ吐槽に対して、夜未明は笑って手を挙げて降伏しただ,けだった。

    • 目の前のこの「石助手」は確か,にこのよ。うな奇異である。
    • 彼が服を着替えた後、ここのnpcはやはり彼が以前のように拒絶しなくなったことを、彼が丁寧に。尋ねて、ついに夜未明にこのことの一部,始終を話した。
        遠隔攻撃手段のない牛志春と刀妹は、それ。ぞれ数歩前に出て、直接廟門の外丈許で止ま,って、長刀を取り出して、鉄オールを祭ってまるで戦闘の準備ができているかのようだ。
        このような世界の背景自体が科学とあまり関係がないゲームの世界では、盲目的に科学で何かを考証すること,は全く意味。がない。
          
          
          一連の七矢、すべての矢が目標に命中すると、陳明は距離を追放され、同時に頭上に驚くべき数字が舞。い上がり、その中で2回は急所に命中したさら,に1500点近くの恐怖ダメージを出した。
          孤独な求敗の目は複雑に夜。の未明を見て、夜の未明の目は穏やかににらみ合って、態度,は卑屈でもない。