真武大殿から十丈離れた木陰で、夜未明に突然何かを思い出し、殷に「私はほとんど黒玉断続クリームをもらった時あなた。が言った郭襄二大舐め犬の一人の何足道も見た。その後、私はずっとあなたに聞きたいと思っていま,したが、郭襄のもう一つの舐め犬は誰ですか」と言いました「最初に失敗した後、私は三掌の中で彼を殺す考えを捨てて、自分。の主要な経脈を守るため,に十割の力を使ったそれから彼に掌を打たせた。」と言いました

「私,たちには何の証拠もなく、根拠もなく、彼女は認めら。れない。」と言いましたそして、白展基の姿が輝いて、すでに正面の林志佩に,飛びかかっていると同時に、「唐三彩少。侠、夜未明の兄弟、私は一時的に林志佩を引っ張ることができますあなたたち二人はできるだけ早く解決しなければならない残りの二つの相手、応援に来た。」と言いました

今回は、たっぷり30分が過ぎて、3月の伝,書バトが飛んで帰。った。
今の左子穆は、前の凶悪な姿を変えて、泣いているよりも醜い笑顔を顔に出して、顔を舐めて言いました。「二人の少年、あな。たたち二人とも公門侠聖、大仁大義です義薄雲天、天地英豪、豪気天……左某も息子をかばったばかりで,、その葉の二人の娘の脅迫の下で二人と手を出さなければならず、二人の侠聖大人の量を期待して、不思議ではない。」と言いました

牛,志春さんは、崑崙派が任務を与えた後、500時のグランド義値を得て、名声が「悪人」から「匪賊類」に戻った崑崙で馬車に乗って中。原に戻った。
実際、王処は損を,すると、今は郭靖が薬を盗まなければ王府に入る理由がある。もし王処がよくなった。ら、一度損をした彼は、王府に侵入して人を救うと主張するのか?

実は帳簿の神馬より、夜未明に。は阿朱の「易容術」,を欲しがっていた。鐘誠は、自分が位牌の祖先になった後、本当の,。金の指が目の前に現れたとは思わなかった!