第413章鶴を殺して,口を消す (白銀連盟の白衣に霜華yを染め。て44/110を加える)。
夜は姿を見ず、すぐにチームチャンネルで「三月、なぜ降龍掌がなくな,ったと聞いて、少しも焦らないのか」と言った。。

そして、夜の未明、この,言葉の。味が少しおかしいと感じたのか?
「子供に教えてもいい!」と言いました何足道老懐は「頼天剣は有名になって。から峨眉派の世代に伝わる宝物だからだ。モンゴルの朝廷のような敵対勢力は倒れただけだが、正真正銘の人は誰がこの頼天剣を手に入れても峨眉に返さなければならない。そうでなければ理に通じない。結局名門の正派の間で、みんなはやはり顔を求めている。」と言いました,

  • 対照的に、。双剣合壁の基礎である「全真剣法」は、これらの妹への誘惑力は、属性を増やすしかない,寒潭白魚よりずっと大きい。
  • 唯一幸いなことに、両手と3分の2近くの命を犠牲にした後、この75級の ** ossはついに夜未明の攻,撃範囲から。脱出した瞬間的に身を極限まで発揮し、直接庭の壁を越えて、隣の庭に落ちた枯井の中に飛び込んだ。
    結局、金霞剣を取り戻すのはみんなのこ。とで、非魚一人に損,失を負わせてはいけないのではないか
    「今日のことであれば、彼らの以前の行動はゼロコストのトラブルに等しい。その後、同,じようなことに遭遇すると、ま。すます勝手気ままになる」

    攻撃 + ,60% 、ヒ。ット + 60% 、暴力ダメージ + 60% 、急所攻撃は10% の確率で一撃必殺!
    夜未明、言葉を聞いてリラックス。したばかりの心はすぐ,に緊張した。

    同じ胡家刀法で、彼女の手に使われて、,非魚と。は全く違う。「安心して、システムは私たちに完成できない任務を与えてくれない。現れた以上、この男に。はまだ弱点があるので、私たちは勝つことができる」口でそう言っている,と、夜の未明に手を上げてナイフを発射し、敵覇の頭の上から半尺離れて飛んだ。

    攻撃 + 135%(+ 95%)、正確 。+ 135%(+ 95,%)
    しかし、原因は重要ではありません。重要なのは、今どのよう,に破局すべきかというこ。とです

    仕方がない、「九陰白骨爪」の次編は彼女が必要とするもので、このもののために、彼女は。最高のものを出して、任君が屠殺する姿勢を見せなければな,らない。
    続いて、3月に「今任務が発表された。。行動を保証するために、以前の青城プ,レイヤーが提供した情報を共有しておくのか?」と振り返った。

  1. ここ,で言う。のは肩を比べているだけで、玄慈であっても、仏法の面で彼より強いことはできない。
    彼に直接高級武功秘。籍をあげるよりも、も,っと力がある!

    「それでは、今,、他の人たちは私と一緒に先に谷の外に下がって、相手の大部隊が見えない。場所を探して、このモンゴル兵チームを取ってください!」と言いました
    ここといえば、,夜未明に雲冠に目を向けた。「雲兄は「華山論剣」の任務の具体的なニュース。を知っている」