唐三彩。は正直に首を横に振った。「これは私たちが姫来野を殺した時、彼から爆発したものだが、当時,はまだ封印されていた私はその後、もう一つの任務をして初めてそれを開封した。だから、あなたと付き合っているとき、まだこれはありません。」と言いました
逆に、彼の口元の上には、興奮し,た笑顔がぶら下がっている。。

「文才」。の上から目を取り戻し、夜未,明、雲の中鶴遺贈の他の二つの心の秘密に注目した。
顔を必要とする人は、夜の未明。に誰よりも顔を必要としない、これはまだ比較があるのか?,

手紙,: これは表紙のない手紙で、その中には珍しい重要な任務が隠されているようだ。 (「比武招親」のシナリオタスク。が完全に終了した後に開くことができる。) を参照してくださいもともと、彼はこの,戦いは本当に3月に自分で結果を推定した瞬間を支えなければならな。いと思っていた。

だから,、もともと巴天石をあきらめて、その不意の下で全力で爆発して、夜未明の彼を一挙に殺したが、交手の最初の時間に、大きな損をした夜未明に自分の力と属性の優。位性で、剣で遠くから追い出された。
このような言葉の中の落とし穴は、狡猾。さが真のように聞こえないとは限ら,ない。

前回死んだ。時、長い間の工夫も練習して帰ってきたが,、この時に引っ込んだら、仲間に一生笑われなければならない!
夜未明は「いつ言ったのか、どうして分からないのか,」と。激怒した。

ただ、次第,に淡々とした目。つきで、この古い道は夜未明の心に消えにくい深い印象を残した。三月は現実に毛筆の字を勉強したことがないに違いないが、ゲームの技能を持っているので、彼女の字も醜いとは限らない文書の内容は夜未明までにチ。ームチャンネルを通じて彼女に送られたので、彼女は書くスピードも速く,、わずか3分で簡略化された「字句」はすでに書かれている。

「ハハハ…… 」この恥知らずな手段を利用し,て自分の小捕をつかむのを見て、中毒に縛られて行動できない曲霊風は、自分の顔を少。し横にしただけで勝手気ままに笑い始めた。
「切る!誰があなたが送ったも。のを珍しいですか」と言いました非魚は愛情を持っていないと言って、夜の未明に取引申請を出して、その上に100金を置いて「,買います!」と言いました

    体魂 + 1,80、腕力 + 180、身法 + 180、反応 + 1。80「彼らは『一陽指』でも『六脈神剣』でも、私とどん,な関係。があるのか」