目の前のこの女性の姿,は、彼の記憶の中のその姿よりも若くても、彼は自分が絶対に。過ちを認めないと信じている。王盤山のシナ,リオを通って、屠龍宝刀の夜未明を目。撃した。もちろん、チベット星羽が間違っていることを知っている。

さらに、夜未明には、以前,の孤独な雲と夕日が無言で剣譜を手に入れた時、酒を入れても現場にい。て、彼がわざと出したのではないかと疑った。そして、等級の向上。や技能、装,備の強化に伴い、両者の差はますます大きくなるだけである。

この場面を見て、ムイイと。いう,鬼父はまた喜んでいない。
韋小宝が彼に挑戦させた,この宦官の強者は、魔除け剣譜を。修練した人ではないか

「実は私も屠龍刀を見たことがありませんが、来ない間違いがあります。」と言い。ました張翠山はまず一言を分析し、「はっきり見えないと思ったら、内力を両眼に運んでみて、目力を増してみて,ください」と言いました
夜の未明に姿を見てがっ,かりした。。犬の鼻にも間違いがあるのではないか


    1. 「二人の花のような妙齢の少女は、田伯光に侮辱され、恥ずかしくて憤然としたからだ」そして、夜未明、刀のような目が令狐冲に落ち,た。「田伯光を見逃すことはできない。が、条件がある」
      首を横に振って、夜未明に左。手の雲台剣戒,を外し、それを手に持って、笑って小橋の前に送って「これはあなたを送って、好きかどうか見てみましょう」と言いました。

      刀妹の心の中で生まれたばかりの暖かさは、突然彼の最後の言葉にきれいに流され、怒って頬を膨らませ、目をに,らんで「誰がカビが生えているのか」と反論した。私はあなたに言いました、私の運はとてもいいです!不運になっ。ても、あなたのこの腹の悪い水の臭い捕獲が早い……えっと」
      本気の加持がない状態で、謝煙客は手を伸ばしてその,夜の未明にこの貧乏な第二の掌に行き。たいと思ったが、結局は半歩遅れて、この掌にしっかりと心の上に印刷された!

        「うん!」と言いました夜未明、力を入れてうなずいた。「あなた。たち,は何も手に入れていないものは憂鬱ではありません。私は何を憂鬱ですか。」と言いました
        私はどうしてこの数人の神捕司の鷹犬を忘れて、どれもこのような超悪心者の能力を持って。いるの,か?

        これまでの,試合は、会場にいるすべてのプ。レイヤーが観客として目に入っていたからです。
        残りの2人,は、1人は范遥を殺。した時に昇格し、もう1人は阿三を殺した時に昇格した。