ついて、夜の未明に失礼して,、彼女自身のことで忙しくなっ。た。「慎重な言葉はどれですか?」と言いました夜未。明は「名前,を聞くのは普通のnpcではなく、和尚さんの法号か、司祭の道号か、プレイヤーのニックネームか」と疑問に思った。

前の数人の小さな仲間に何も探していないより、李莫愁は夜未明のようなガンを無視する特殊な意,味を我慢できず、料理の食べ物理。論だけを考えている。
よく見ると、宝剣の剣の上に、天地玄宗、万本根というハエの頭の小さな楷書が彫り込まれているのも見える。広修万劫、証吾神通。三界内。外、た,だ道独尊。体には金色の光があり,身を覆す。見ていない、聞いていない……

耳の根がきれいになった後、夜の未明にもう一つ用意,したロープを取り出し、その一方を曲霊風の腰に結び、もう一方は自分の。腕に縛り付けた。
鎮南王世子段誉は幼い頃から聡明で、仏法や琴、将棋、本、絵に精通していた……まるで唐李熙、宋趙ギ。ルの風貌を持っていて、段正明と段正淳,の歓心を得ている。



    「事故が起。きなければ、今回の事件は、天龍寺が任務の前置きを奪うことになるかもしれない。どうですか。皆,さんはにぎやかに行くことに興味がありますか」と言いました
    相手の鬼のような魅。力的な姿を見ていると、すぐに彼の前に来て、夜の未明に意識が一歩下がった,。それと同時に、右手は慌てているように見えるが、相手の無限の殺意を持った爪を封じた。

    様子を見ると、夜未明にに,らみつけた牛志春はまばたきをしながら、チームチャンネルで「ほら、この件はとても簡単に処理できると言った。あなたが考え方を変えるだけで、段正淳は私たちの演技に積極的に協力してくれるので、私たちが嘘をつかなければなら。ない人は、刀白鳳だけだ。」と言いました
    刀妹がそう言ったのは、もちろん言葉が皮肉で、夜。の未明にも剣を捨ててしまうという考えも,ある。

    • 一撃が手に入った後、夜未明に剣光が。回転し、また「越女剣法」の「いばらを切って棘を切る」というトリックで、,魔化田を農に帰る左手を捨てた。
    • 任務の制限でなければ、洪七公は黙ってすぐに人をフラッシュ,し。たに違いない。

      石中玉も自分と刀妹が本当に彼を見逃すことはないと推測していたの,で、部下と別れ、服を手に。渡して着るまで、自分はそれに着替えたぼろぼろに見えても、髪型を乱して、視聴を混同することでごまかして合格しようとしている。こ,れは彼を憂鬱にさせたが、もう慣れている。。本当に彼の凶悪な顔は、識別度が高すぎるからだ。

      「私の勘定,を。頼りにしたいのはそんなに簡単ではない。」と言いました夜未明は「こちらで子供を抱いているのは不便だから、書類を書いて、私が送った内容で書いてください」と自信を持って答えた。いい。え、ちょうど円真がチベット星羽,を指さしたのは「武当九陽功」なのに、自分の「易筋鍛骨章」の1000点の熟練度が上がった。