沈万三の褒め言葉に直面して、夜未明はただ穏やかな笑いで、「赤ワイン1000ml×3本これまでの約束で、万さんのところ。で3枚の建ゲートロイトハウスグリューワイン助令を競売にかけさえすればあなたはいつも私に無料で聚宝盆を試用する機会を提供してくれます私は再び建設支援令の秘密を知らせたら、また有料で聚宝盆を試用する資格を得ることができる。覚,えていますよね?」と言いました案の定、彼赤ワイン4本750mlらは怒って、,他の人には言えない目的を持っていまゲートロイトハウスグリューワインす!。

  • 自然に、彼はそこにいるすべてのプレイヤー-1の心の中ゲートロイトハウスグリューワインの大き,な英ドイツワイン7本セット雄。になった。
  • まず装備を選んでいない限り、死体を触っている。というこ,とは、ゲートロイトハウスグリューワイン彼らが知っている礼譲さんのもドイツワイン7本セットのだ!
    • 相手は夜の未明に会っゲートロイトハウスグリューワインた後、「あなたは何人ですか。ここで何をして,。いますか。」と顔が赤ワイン4本750ml悪い
    • しかも、内力の戦いは,、多くの場合、派手ではない戦い方で、。最後の結果まで戦うのは、多くの場合、強赤ワイン4本750ml者が勝ちゲートロイトハウスグリューワイン、弱者が負けてしまう。
  • 列席者は段正明、段正淳、刀白鳳、段誉、木婉清という主人のほか、大理国三キロの司馬範骅と司。空巴天石、大理赤ワイン4本750ml皇居四,大護赤ワイン1000ml×3本衛: チュー万里、古篤誠、傅思帰、朱丹臣。中に描かれているものとドイツワイン7本セット似ていて、プレイヤーは任務。があれば彼のゲートロイトハウスグリューワイン頭に求めなければならず、条件も神,は簡単で、彼を殺しに行くだけでいい。

    しかし、それまでは、二人の妙齢少赤ワイン4本750ml女。の赤ワイン1000ml×3本死体,は無視できなかった。あるいは、これは死体を触る機会が増え赤ワイン4本750mlた。ことに,等しいゲートロイトハウスグリューワイン!