「しかし、阿紅の存在は、いくつかの特定の時に私にとっても非常に重要で、普。通の金,装備に匹敵するものではない」「愛が,来ない、来ない、他人を探しに来ない。今回の任務に参加したことを知るには、どれも名人で、あなたを連れて行って、bossを。殺す良いことは私にもいい、あなたの良心は痛くないのか?】 -- 夜未明

「偶然ですね。」と言い,ました夜未明、青竹剣を手にして、悠然と「私という人は人生で最も淫賊を嫌っている。この姫来野君は私と争ってはいけ。ない。その等級が一番低いのはあなたに任せている」と言った。
一方、夜未明にトークンを泳,いだ。後、すぐに鳩の刀妹が飛んだ。

しかし、それに続いて、夜未明に体法を利用して彼の指を巧みに避け、その後、さらに一陽指がアサリの功を破る素晴らしいシーンが現。れて、それは彼,らの本来の非常に落ち着いた判断を動揺させた。
これを見て、何人かのプレイヤーが真実を知っていても、自分の目で見。ても,無言だと感じた。


    • 刀妹と一定の安全距離。を取った後、気をつけて見たが、刀妹が空を振った後、なんととどまることなく刀を,出し続けた。
      雲,コロナは彼にうなずいて、すぐに友人の申し込みを送って、夜未明には明らかに同意を選んで、それに合わせて「階段雲縦」の身法を展開して、山下駅舎の方向に向かって走った。。

      名人になることができて、唐三彩も手に入れ,ることができて、少。し憂鬱になった後、すぐに思わず夜の未明に歓迎の意を表した。その時、白はもう彼の荷を取り戻したが、夜の未明に隠されていた黄さんも、尻がついてきた。
      その基礎属性がどのように得られたかについては、夜未明にはプレイヤーの基礎四周属性と関係があるとしか判断できない。攻撃力のように打たれた傷害で直感的な判。断ができる,わけではないからであるだから具体的には彼もはっきり言えない。

          上手になると、夜の未明は驚いた発見で、この普通のマレーシアのサルは、,当初。の余滄海よりずっと手ごわい!
          437章七七?お酒,を飲みに。行きます! (第二に、購読を求めます)

          二人が駅舎の近くに来て、すぐに車夫をクリックして転送先を選ぶことがで。きて、刀妹は「そち,らのことはできるだけ早く手配しますあるいはそちらのことが終わったら、自分から連絡してください。とにかく、連絡を取り合いましょう。」と言いました
          こ,の技能につ。いては、夜未明には何の躊躇もなく、そのまま勉強した。

          乾燥していて、しびれ,ていて、少しも丸み。を帯びていない!
          左冷禅がこんなに多くの人を連れて現れたのを見て、余滄海の,心はすでに谷底に沈んでいたが、みんなが江湖同道の最後の幻想であることを抱いて、やはり左冷禅に積極的に挨。拶した「左盟主…… 」

          現在の夜未明には、招式や心法類の武学増幅効果だけで、最終的には限界があ。り、内功のように自分の属性を直接,向上させるわけではない。
          しか,し、今、鳩摩智は四大名人と戦っていて、移動できない。これも特殊な虚弱状態にあることに相。当する。

          
          
          
          
          
          
          気分が悪くなるの,は、彼の銃が入。らない恐怖防御力だけかもしれない。
          もともと、夜未明は任務が終わる前にそこに駆けつけて練習するつもりだったが、ポイントももっと稼ぐことができるのは少しで、ついでにその蛇の,部屋に行って少し太った毒蛇をいくつかすくった後で料理しました。趙王府の任務の前にできるだけ以下の料理の熟練度を増やして、ついでに全蛇宴の製作プロセスを熟知して、前の波の料理を楽しむことができて、美滋滋でも。ある。

          「だから、円真師の目的は、グランド義の,値を落とされるこ。とではない。彼の本当の目的は、実はあなたにその言葉を叫んでもらうことです。この言葉が口に出ると、他の人は必ずマウスのタブーを投げて、彼は誰もが反応できない暇を利用して殺し屋を暴き、刀妹という強い戦闘力を先に取り除いた。」と言いました
          一。行七人が古墳派の勢力範囲を脱退したほか、三月に突然「地方に盗品を分けようとしている以上、開封都の新,しい家に行ってみましょう」と提案した。